今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

香港で食べた美味しかったもの♡レシピ集

海外旅行

香港で食べた美味しかったもの♡レシピ集
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

芝麻糊(香港風ごま汁粉)

芝麻糊.jpg

先日、香港に行った時に食べた、美味しかったものを再現してみました。   簡単で美味しいです(^^)ゴマは、ビタミンEが豊富で     若返り効果があります。

【材料】
 
黒ごま(いりごま又はすりごま) 20g
 
米粉(上新粉)  6g
 
砂糖       25g
 
水        100ml
 
 
 
【作り方】

① ミキサーに黒ごまと上新粉を入れ、
 
水を加えてスイッチを入れる。
 
② 砂糖は、分量外のお湯でとかしておく。
 
③ 鍋に①と②を入れて、かき混ぜながらト
 
ロミがつくまで弱火で煮る。
 
*白玉を入れると、おやつになります。



香港風ジャージャー麺

スクリーンショット 2017-10-08 13.34.13.png

【材料】


たまご麺   2個

青菜     4本

豚肉     180g

干しエビ    25g

にんにく    1粒

砂糖      大さじ1

甜麺醤     大さじ4

豆板醤     大さじ3

水       300ml


【作り方】

① にんにくはみじん切りにする。

② 豚肉は千切りにする。

③ 干しエビを洗い、柔らかくなるまで

水につけ、包丁で細かく刻む。

④ フライパンに大さじ1の油を入れて、

にんにくを炒め、干しエビを加える。

⑤ 干しエビの香りがしてきたら、

豚肉を加え、色が変わったら、水を入れる。

⑥ 沸騰後、甜麺醤、豆板醤、砂糖を加え、

混ぜる。

⑦ 中火で、汁が少なくなるまで煮詰める。

⑧ 麺を茹でて、さらに盛り付け、⑥のタレ

をのせる。

⑨ 麺を茹でたお湯で青菜を茹でて、⑧に

のせたら、出来上がりです。





香港風ポークチョップドリア

ポークチョップドリア.jpg

【材料】

豚ロース   2枚

塩コショウ  少々

卵      1個

薄力粉    大さじ1

玉ねぎ    1/2個

にんじん   6cm

グリーンピース  大さじ2

トマト    1個

マッシュルーム  6個

ご飯      2杯

卵       2個

【ソース】

薄力粉  大さじ1

トマトピューレ  大さじ1

ケチャップ   大さじ2

砂糖      大さじ2

ベイリーフ    1枚

チキンスープ   200ml

塩コショウ   少々

サラダ油    少々



【作り方】

① ご飯を炊いておく。

② 豚肉は筋切りをして、叩いて

塩コショウして15分置いておく。

③ 玉ねぎはくし切り、マッシュルームは

スライス、トマトは乱切り、にんじんはサ

イコロ状に切ります。
 
④ フライパンで半量の玉ねぎとにんじんを炒め

塩コショウをします。

⑤ 薄力粉を炒めてトマトピューレと

チキンスープを入れてよく混ぜます。

⑥ トマト、マッシュルーム、グリーンピースを

加えて、ケチャップ、砂糖、ベイリーフを

加えて2〜3分加熱します。

⑦ 豚肉に薄力粉をつけて卵液につけて

油を引いたフライパンで揚げ焼します。

⑧ 玉ねぎと人参の残りを油を

引いたフライパンで炒め溶き卵を

流してごはんを入れ炒めます。

⑨チャーハンを耐熱皿に盛り、

揚げた豚肉を乗せてその上に

ソースをかけて、

200℃のオーブンで10分焼きます。

ふかひれもどきスープ 碗仔翅

碗仔翅が誕生したのは、40〜50年代。

香港では、今よりも貧富の差が激しかった時代。

一部の金持ちしか食べることができなかった

フカヒレスープに憧れて、春雨をフカヒレに見立てて、

庶民も味わうことができるようになりました。

フカヒレが手に入りにくいので春雨で作る

碗仔翅で 「フカヒレスープ」 を再現してみました。

フカヒレスープ.jpg

【材料】 4〜5人分

はるさめ       1束 (乾燥 約50g)

乾燥きくらげ             40g

干し椎茸               75g

鶏肉                  75g

ゆでたけのこ              75g

しょうが 千切り          ひとかけら

コリアンダー              飾り用

鶏ガラスープ             1000ml

*調味料*

きくらげ、しいたけ用

砂糖                   小さじ1

ごま油                  小さじ1

スープ用 

しょうゆ                 小さじ1

酒                    小さじ1

塩                    小さじ1

ごま油                   少々

黒胡椒                  小さじ1

砂糖                   小さじ1

こしょう                  少々

とろみ用 

片栗粉                  大さじ2

水                    大さじ4



【作り方】

①  はるさめ、きくらげ、しいたけは水で戻す。はるさめは、5cm

きくらげ、しいたけ、たけのこは千切りにして、下ゆでする。

② 鶏肉も細い千切りにする。

③ 鍋に油を入れ、しょうがを炒め、酒、鶏ガラスープを入れて

沸騰させる。

④ 鶏肉を入れ、鶏肉の色が変わったら、コリアンダー以外の

材料を全部入れる 。

⑤ 片栗粉でとろみをつけて、コリアンダーを乗せて出来上がり。 

碗仔翅が誕生したのは、40〜50年代。

香港では、今よりも貧富の差が激しかった時代。

一部の金持ちしか食べることができなかった

フカヒレスープに憧れて、春雨をフカヒレに見立てて、

庶民も味わうことができるようになりました。

フカヒレが手に入りにくいので春雨で作る

碗仔翅で 「フカヒレスープ」 を再現してみました。

香港風ボルシチ

これから寒くなってくると

暖かいスープが心身あったまる季節です。

ボルシチは、ウクライナの伝統料理ですが

1910年代に上海経由で香港に亡命してきた

ロシア人から広まったと言われています。



このボルシチは世界でいろいろな

バリエーションがあるらしく、

具材も様々だそうです。

日本のボルシチとは一味違うボルシチの

レシピをご紹介しますので是非、お試しください。

香港式ボルシチ.jpg

【材料】

牛肉 150g

玉ねぎ 1個

にんじん 1/2本

セロリ  1.5本

キャベツ  1/4個

ジャガイモ 200g

トマト 3〜4個

ビーツ 2個

レモン 1/2個

ベイリーフ 1枚

唐辛子 1本

【調味料】

薄力粉 大さじ2

トマトピューレ 大さじ2

砂糖 大さじ2

水 4L

コショウ 少々

サラダ油 適量


【作り方】

① 野菜を全て小さく切ります。

② 鍋に油を熱し、玉ねぎが透明になって

色がつくまで炒めます。

③ 小麦粉を入れて炒めあわあせます。

④ ジャガイモとトマトを除いた野菜を

加えて炒めます。

⑤ 次に細切りにした牛肉を加えて

トマトピューレとレモン汁、水、ベイリーフを

加えて途中でアクを取りながら、45分加熱します。



⑥ 次にジャガイモを入れ柔らかくなったらトマト、

ビーツを加えて柔らかくなるまで煮ます。



⑦ 砂糖とコショウで味を整えて、

ビーツの汁を入れて完成です。

香港式 チャーシューと目玉焼きのせマカロニスープ

香港の朝食といえば、

「おかゆ」

だと思いがちですが、

実は、おかゆを食べる人は

少なくて、おかゆより

人気の食べ物があります。

それは、今日ご紹介する

「マカロニスープ」

です。

30数年前に登場以来、

香港の朝食として定着しています。

香港のモーニングセットといえば

・トースト

・目玉焼き または スクランブルエッグ

・マカロニスープ

・コーヒー または 紅茶

が一般的です。

このマカロニスープは、

マカロニがふにゃふにゃで

とっても柔らかいのが特徴で

日本人好みのアルデンテではないのですが

これが香港スタイルです。

マカロニスープ.jpg

【材料】2人分

マカロニ 120g

チキンスープ 1缶(450ml)

チャーシュー 100g

たまご    2個

水      適量

塩      好みで



【作り方】

① マカロニを固めに茹でます。

② チャーシューを薄切りにします。

③ 鍋にチキンスープを入れ、水で薄めて

茹でたマカロニを入れて煮込みます。

④ その間に目玉焼きを作ります。

⑤ どんぶりにマカロニとスープを入れ

チャーシューと目玉焼きをのせます。

食べるときにコショウをふって食べます。

高温多湿の香港では、

冷たいデザートを求める人も多くなります。

東洋医学の考え方で、

夏でも冷たいものを食べるのは良くない

と考える香港の人たち、

新鮮なフルーツをたっぷりと

使っているデザートが人気です。

日本のフルーツより甘さ控えめなので

水分補給、ビタミン、ミネラルが豊富で

食後のでデザートとしても人気です。



そこで今日は

「タピオカ入りココナッツミルク」

の作り方をご紹介します。



タピオカは、

キャサバトという芋の根塊からつくられた

デンプンです。

キャサバは、ミクロネシア、中南米、東南アジアなどで

生産されていて、サツマイモから甘みを省いたような

あっさりした味です。

このデンプンのことをマニオクデンプンと

言います。形によって呼びかたが異なり

フレーク、パール、シードの3種類があります。

タピオカパールがデザートに使われることが多いです。

乾燥しているので水につけて戻しすと

もちもちとした食感になります。

漢方的効能としては、肺を養う食べ物として、

咳をしやすい人

痰が絡みやすい人

胃の弱い人

虚弱体質

消化不良

に効果があるとされています。

フルーツ入りタピオカココナッツミルク.jpg

【材料】(一人分)

ココナッツミルク   150ml             

牛乳          50ml

砂糖         15〜 20g

タピオカ      大さじ2                

スイカ        3粒          

メロン      2種類 各2粒             



【作り方】

① タピオカを水で洗い、たっぷりの水に
10〜15分つけて戻します。




② 沸騰したお湯にタピオカを入れ

表面が透明になるまで2〜3分茹でて、

ザルに取り冷水で冷やします。




③ ココナッツミルク、牛乳、砂糖を

鍋に入れて温め、砂糖が溶けたら、

粗熱をとって冷蔵庫で冷やします。




④ スイカとメロンを丸く、くり抜き、

冷えたココナッツミルクにタピオカを加え、

スイカとメロンを入れると完成です。




3時のおやつ、食後のデザート、

来客のおもてなしに作ってみてくださいね!


紅豆沙(香港式あずきのおしるこ)

しるこ.jpg

体がだるいなあとか体調がいまひとつなんて

いうことはありませんか?



香港では、体に水分を溜め込むと、

むくんだり疲れやすいと言われていて、

むくみをとるお茶や漢方薬を

飲む習慣があります。



さらに、むくみを取るデザートがあります。

それが今日、ご紹介する あずきで作る

サラサラしたおしるこです。



日本のおしるこより甘さが控えめで

サラサラしています。

そして、干したモカんの皮が

入っていて、柑橘系のスーッとする味がします。



漢方の考え方から、紅豆沙はとても体に良く、

健康を考えたデザートなのです。

香港のデザートは、甘さが少ないため、

女性だけでなく男性にも人気があります。



香港人はデザートを楽しむだけでなく、

しっかりと体のことを考えて、

デザートを選びます。

体調がいまひとつという時に是非、

試してみてくださいね〜。



小豆の効能

ビタミンB1、たんぱく質、リン、カルシウム、鉄を含んでいて

むくみをとる流尿作用があります。



陳皮(星みかんの皮)

5年以上干したものは価格が上昇し、15年20年ものは

高級品になり大変高値が付きます。胃腸を整える働きがあり

吐き気止め、食欲不振、胃拡張、下痢などに効果があります。



黄氷糖

ミネラルを含み、自然な優しい甘さで解毒作用があります。

【材料】

小豆      200g

陳皮   1/4個分

黄氷糖  240g

水         2L

ココナツミルク  好みで



【作り方】 

① 小豆は洗って、2時間ほど

水につけておきます。



② 陳皮も洗って5分ほど

水につけておきます。



③ 包丁で陳皮の薄皮を取り除きます。



④ 鍋に水と小豆を入れて火をつけます。
  


⑤ 1時間煮た後、陳皮を入れて

さらに煮ます。水が少なくなたっら、足します。



⑥ 陳皮の香りがするまで30分ほど加熱します。



⑦ 最後に黄氷糖を入れて好みの甘さにします。



⑧ ココナッツミルクを入れて出来上がりです。


藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう